賃貸だからといって諦めていませんか?プチリフォームでイメージチェンジ

Pocket

まずはコンセプトを決めましょう

プチリフォームでイメージチェンジ

プチリフォームでイメージチェンジ

賃貸物件は借りる際に壁などを破損させた場合、退去時に修繕費用を求められるといった事が書かれています。

しかし、雑誌や書籍で紹介されているプチリフォームであれば、壁などに穴を開けるといった事を行わずに、映画に出てくるような理想の部屋のイメージに変える事が出来ますので、安心して行えます。

プチリフォームのコンセプトを最初に決めます。
このコンセプトがしっかりとしていなければ、最終的な仕上がりが期待したものにならないといった事が多々あります。


部屋のカラーリングや家具などのレイアウト、カーテンやカーペットの使い方などを考えていき、ユーザーの日常生活における動線を考慮して、好みに応じて使い勝手とデザインのバランスを考えます。

壁紙貼りはホッチキスで!

壁紙の変更は部屋の雰囲気を大きく変えるのに最も効果が高い方法ですが、取り替えも簡単であり、汚れ防止にもなる方法として、ホッチキスを使った壁紙貼りがあります。

ユーザーの趣味に合った壁紙を用意し、壁の高さに合わせて切ります。
ホッチキスは画鋲より穴が小さく出来ますので、最初から貼られている壁紙の上からホッチキスで留めれば、接着剤や糊を使わずに、壁紙の変更を行えます。

壁紙を用意する際には、壁のサイズを考えて用意する必要がありますが、手軽にプチリフォームを行う事が出来ますので、賃貸物件における模様替えを行う手段として最大限に活用する事が出来ます。

ホッチキスで留めているだけですので、取り外しも簡単であり、退去時に原状回復させるのも容易です。

シーツやカーテンを含め、布素材の色をトータルコーディネート

部屋のイメージを変える大きな要素は、その部屋に置いている家具のカラーリングです。壁紙の色合いと合わせる事によって、部屋の印象を変化させられます。

クッションやソファーやベッドの色は統一させておく事で、一体感を演出する事が出来ます。
これらの家具や寝具のカラーリングを揃えておけば、買い替えを行う時に合わせてカラーリングを変更しやすいというメリットがあります。

カーテンは季節に応じて変更していくのが一般的です。
冬には厚手の物を選択し、クッションやカーテン、ソファーやベッドのカラーに合わせるのが基本的です。

一方で、春や夏になりますと、日差しが強くなりますので、白などの製品を導入すれば、太陽光の反射が期待でき、部屋の中が暑くなるのを軽減出来ます。

床だって、その気になれば変えられるんです

フロアタイルの模様替えをしたい場合、カーペットやタイルカーペットを使う事になります。
特にタイルカーペットは、接着剤は使わずに並べるだけでも雰囲気が変わりますので、手軽にリフォームしたい時には重宝するアイテムです。

家具や壁や天井との色とは違う色の物を導入する事で、部屋の色調をメリハリのあるものにする事が出来ます。
タイル型カーペットを入手するには、カーペット専門店の他にホームセンターでも売られていますので、予算に応じて購入出来る点もメリットです。

このようなアイテムを使えば、床に傷をつけるリスクを軽減出来ますので、原状回復をさせるのにも手間がかかりません。
雰囲気が一変するアイテムとして注目しておけば良いでしょう。

照明にもこだわれば、あなただけのリッチな空間に

プチリフォームでイメージチェンジ

プチリフォームでイメージチェンジ

多くの賃貸物件の照明は、天井に設置されています。

しかし、ユーザーがよりリッチな空間を演出したいと考えた場合、間接照明を設置した方が良いでしょう。

ホームセンターなどで販売されていますので、部屋の間取りに応じてライティングを考え、適切な間接照明を導入すれば、お洒落な空間を演出する事が可能です。

賃貸物件で使う場合には、床に設置するタイプが良いでしょう。

ホームセンターでは色々な形状の物が売られていますが、ユーザーが自作する事も可能です。
照明を自作すれば、プチリフォームにかかるお金も少なくする事ができ、オリジナリティの高い照明を作って部屋を照らす事で、市販品とは一味違った雰囲気作りを行えるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA