葬儀・告別式の基本的な流れ

Pocket

突然の親族の訃報などがあった場合では、手続きなどを含めて、どのような行動をとったらよいのか判断できない場合もみられます。
葬儀や告別式の基本的な流れに関しては、まずはご遺体を安置させる場所を決めることになります。
死亡通知を行った上で葬儀会社と話し合いを行う方法になり、その後にお通夜の日程が決められることになります。

お通夜は一般的には夕方から開始されることになり、宗派に合わせた僧侶に依頼をすることも基本的なことです。
現在では家族葬などを希望される方も多いものですが、一連の流れについては共通しています。
お通夜の翌日には葬式を行うことになり、午前中から行われることになります。
故人との最後のお別れになるので、悔いのないようにプランを立てることも大切です。
参列者などで献花をすることもあり、お焼香なども済ませた上で棺を閉めることになります。
その後は出棺することになり、火葬場へとご遺体を運ぶことになります。
現在ではその後に繰り上げ法要を行うことも一般的になり、通常では近い立場にある方のみで参加することになります。
葬式の流れに関しては故人本人の意思によるものや、ご遺族の意向によっても変わることがあります。
ご不明な点があれば随時葬儀会社と相談をすることでスムーズな葬式を行うことができます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP