早漏と包茎の因果関係

Pocket

早漏防止にはパートナーの理解と協力が必須です。
包茎の人は早漏が多いと主張する人が多いですが、確かに包茎であることで刺激に敏感になっており、亀頭が刺激に耐えられないためにそうなってしまうことは考えられます。

しかし、どちらかといえば刺激に弱いだけであり、包茎ならば誰しもが早漏というわけではありません。
なので包茎手術を行ったらいきなり早漏ではなくなるかと言われればそうしたことはなく、やはり刺激に耐えることが求められます。
むしろ、手術して間もない時期はちょっと歩くたびに敏感に反応してしまうため、どのように対処していくかを考えていくことになります。
早漏は興奮しやすいからこそ発生すると言われています。

家で自慰行為をする際にすぐに射精をしてしまう人は少なく、リラックスをした状態で行います。

一方で目の前に裸の女性がいて今からそうした行為を行うとなれば、経験が少ない人は興奮するのは当然です。

経験が多くなればコントロールがしやすくなり、段々と早漏ではなくなっていきます。

早漏であることは単に経験値の問題であることが多く、経験を重ねることが改善できる方法です。

その一方で包茎であることをコンプレックスに感じている人はなかなか回数を重ねられないというジレンマを抱えています。手術をすることでもう包茎ではないということでコンプレックスではなくなり、堂々とそうした行為に及ぶことで早漏状態を改善することができます。

すぐに改善できるわけではないものの、手術を経て包茎ではない形にすることで肉体的にも精神的にも強くなることが言えます。

直接的な因果関係はないものの、早漏にならざるを得ない原因になっていることは明らかです。

包茎でもコンプレックスに感じていない人などはそうではない可能性もあります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP